人種別でペニスの大きなには著しい傾向が出ています。その理由には遺伝子と文化のふつの要素が影響しています。

MENU

人種別ペニスの大きさの傾向

  • 「日本人だからペニスが小さい」
  • 「欧米人はみんなペニスが大きい」

 

このような話をよく耳にしますが、人種によってペニスの大きさは変わるのでしょうか?
その真相を確かめるべき、人種別ペニスの大きさと特徴についてまとめました。

 

 

人種別ペニスの大きさと特徴
日本人

サイズは短い傾向があると言われています。強みとしては勃起時の硬さが世界トップクラスだと言われています。
ペニスが勃起をする時はペニスに血液が集まる事によって起こります。
短いペニスだと、血液が充分ペニス全体に行き渡るので硬くなると言われています。
また、日本人は通常時からの勃起時の膨張率が世界トップクラスだと言われています。

 

アジア人

全般的に日本人と同じで短小で硬い傾向があります。
ただ以前は日本人はアジアの中でも平均的でしたが、近年ではアジアの中では大きい方の位置づけと言われています。
アジア最大の先進国になった事や、和食よりも洋食の食事を主食にする若者が増えている事が考えられます。
最近では、ペニス増大術やサプリ、端正器具などの充実度も高まっているので、大きくしたいと思えば、平凡なサラリーマンのお小遣いの範囲で治療できるようになった事も背景にあるようです。

 

欧米人

アメリカ人やヨーロッパの先進国の方のペニスは大きいというイメージを持っている方も多いですが、実際には世界標準で平均的な数値になっています。
ペニスのサイズは様々な機関やメディアが独自に統計を取っていますが、一部では膨張時のアメリカ人の長さの平均は日本人よりも劣るという結果を出している所もあるようです。
欧米人の場合は、以前は多くの方が幼少期に割愛(包茎手術)をしていた為、その後の成長が大きい傾向にありました。
近年ではアメリカ人を中心に割礼を受ける方の割合が減少して、サイズも縮小傾向にあるようです。

 

アフリカ人、中南米人

世界で最もペニスのサイズが大きいと言われているのが、アフリカと中南米の国です。
アフリカのコンゴやガーナ、南米のエクアドルあたりが、ペニスのサイズランキングで上位の常連になっています。
こうした地域では、ペニスのサイズへのこだわりが他の国よりも大きく、子供は暇さえあれば、その辺に生えている木に自分のペニスを叩きつけて鍛える風習などもあるようです。
食生活など栄養自体は先進国よりも劣っていても、文化の違いでペニスの大きさで世界トップクラスを誇っています。

 

 

人種別ペニスの大きさの傾向とポイント

黒人がペニスが大きいのは遺伝の影響もある

一部で紹介したアフリカや中南米の黒人主体の地域では、文化の影響もあってペニスが大きい結果も出ていますが、
やはり黒人自体がペニスが大きい遺伝子を持っていると考えられています。

 

欧米の中で一番ペニスの大きい国はフランスだと言われています。
そしてフランスが一番欧米の先進国の中で黒人比率が大きくなっています。

 

ペニスの大きさは

 

黒人 > 白人 > 黄色人

 

このような傾向があるのは紛れもない事実です。

 

 

遺伝子よりも文化の違いが大きい

ペニスの大きさが人種によって違うのは、遺伝子の影響もありますが、それ以上に文化の違いによる影響が大きいです。
当ページで紹介している通り、日本人は食生活や医療技術の進化でサイズアップしていますし、アメリカ人は割愛文化の変化でサイズダウンしている傾向があります。
ペニスが小さいと言われる日本人でも、普段不足している栄養補給や必要治療や処置をする事でサイズアップできる見込みは充分あります。