オナニーとペニス増大は密接な関係があり、仕組みについて説明します。

MENU

オナニーとペニス増大

 

ペニス増大の取り組む方から質問が多いのがオナニーのやり方や頻度です。
ペニス増大とオナニーは非常に密接な関係があります。

 

また、オナニーをしたほうが良いという意見と、ペニス増大のためにはオナ禁が必要という意見が混在しています。
オナニーとペニス増大の仕組みについて解説します。

 

過度なオナ禁は悪影響

 

オナニーのしすぎはペニスの成長に悪影響ですが、過度なオナ禁はストレスやデトックスの増加などによって悪影響です。

 

オナ禁がペニス増大に良いという理論は、精子を溜めておいた方がペニスが敏感になり、ちょっとした事でもすぐに勃起するからと言われています。
ただし個人差も大きく既に精力減衰している方がオナ禁をすると、性欲そのものが薄れて、ペニスへの栄養供給がしにくい身体になってしまう場合があります。

 

つまり、精力がある人はストレス解消やデトックスを出す事による循環させる事を目的とし、精力が無い人は、性欲の維持のためにも適度な頻度でオナニーをした方が良いと言えます。

 

 

ペニス増大のために良いオナニーの方法

 

オナニーの頻度や時間を表す時計

 

ペニス増大はペニスの膨張率と細胞の刺激が非常に強く関係しています。
つまり、理想のオナニーは膨張率を高めてフル勃起状態でオナニーをする事が重要です。

 

オナニーのしすぎがペニスの成長に悪影響を与えるのは、マンネリ化する事で膨張率が低い中で射精に至ってしまうからです。

 

また、オナニーのやり方も関連性があります。毎回同じオカズを使っていても興奮が薄れますし単調なオナニーもよくありません。
なるべく、興奮してフル勃起になるくらいの環境を作ってあげるようにしましょう。

 

TENGAなどオナホールなどと呼ばれる、自慰行為のための玩具をたまに使って刺激を変えてあげるのも、効果的です。
また、オナニーをする時間以外にも適度に勃起する事があった方が望ましいです。射精をしすぎて朝勃ちがしなくなったりするのもNGです。
逆に常にフル勃起になる精力があり、朝勃ちや、日常的な勃起もするようであれば、毎日オナニーしても問題はありません。

 

ただし精力が強い方でも1日2回以上のオナニーは悪影響を与えるリスクが高いです。
勃起力の低下を感じるのであれば、2~3日に1回ほどのペースに抑えてあげるとよいでしょう。

 

それでは我慢ができずストレスになってしまうという方は精力サプリなどの利用で精力を補う取り組みをするとよいでしょう。