ペニスが小さいと包茎率が高いことが調査でわかっています。

MENU

小さいデメリット

 

ペニスが小さい事によるデメリットをまとめました。

 

人前で露出をする事に抵抗を感じる

 

ペニスが小さい人はサイズに対してコンプレックスを抱いている方が多いです。
本人は気にしていなくても、過度に小さいと話のネタになるものです。

 

男性は女性に比べてデリカシーが無い生き物なので、お風呂に行ったときにペニスのサイズの大きさの話をしたり、宴会芸で脱ぐことを強要されて、サイズが小さい人にヤジが飛ぶ事などもあります。
こうしたペニスの大きさを巡る侮辱は、その人の積極性を欠いて様々な悪影響に発展する事もあります。

 

 

包茎比率が高い

 

ペニスが小さい人は包茎の比率が高いです。
包茎など亀頭が露出せずに、垢(チンカス)が付着しやすく不衛生です。

 

また、亀頭が普段から露出していないので表皮が弱く、風俗に行ったときに病気にかかりやすく、日常的なセックスでも傷が付いたり痛みを感じやすいデメリットがあります。

 

短小包茎はチンコが臭いという先入観を抱いて軽蔑する女子もいるので、大人のマナーやエチケットとしてもペニスのサイズアップや包茎対策に取り組むのは良い事です。

 

セックスでの女性の満足度が低い

 

バツ

ペニスが小さいと、挿入したときに奥まで届かないので刺激できる性感帯も少なくなります。

 

大きすぎるのは嫌という女性もいますが、ほとんどの方はその反面小さすぎるのも嫌という意見を持っています。

 

セックスでの女性の満足度が低いとセックスレスに陥りやすいですし、男性も自信が無い事によって積極的なアプローチができなくなってしまいます。
ペニス増大治療を始める方の多くは、治療を始めようとおもったきっかけに、性生活の悩みを挙げる方が多く、サイズアップに成功した体験談でもセックスが楽しくなったという意見が目立ちます。

 

人間は性欲を持っている生き物で、性生活がうまくいくと、それが糧となり、仕事やプライベートも充実していきます。
ペニスのサイズの悩みだけではなく、何か自分を変えたいと感じている人もペニス増大に取り組んでみてはいかがでしょうか?