ペニスの大きさは、生まれ持った遺伝子だけではなくて、後天的に大きくする事も充分可能だと考えられています。

MENU

ペニスは後天的に大きくできるのか?

  • ペニスのサイズで悩んでいる方の中には、遺伝だからしょうがない。
  • もう成人になってしまったのでこれ以上大きくならない。

と諦めている方もいます。

 

しかしペニスは後天的に大きくする事ができます。

 

 

ペニスを後天的に大きくする方法

ペニスは医学的にも後天的に大きくできると認められています。
年齢に関係なく、何歳からでも努力や必要なサービスを受ければサイズアップを見込む事ができます。

 

大きく分類してペニスを大きくする方法をまとめると

 

美容形成手術をする

主に包茎専門院や美容外科などで扱っています。
ペニスを大きくする手術には様々な方法がありますが、定番なのは埋没している陰茎を表面に露出させる長径術です。
他にも亀頭にヒアルロン酸を注入して、亀頭を大きくて強くさせる事などクリニックによって様々な方法があります。
ペニスを大きくする美容形成手術は原則、健康保険適用外の自費診療になります。

費用は安いもので3万円~。高いもので100万円前後します。平均的な相場はおおよそ30万円前後です。

どれだけ大きくなるかは、手術手法や体質によって個人差はありますが、グレードが高い手術を受ければ、ほぼ間違いなくペニスを大きくする事が可能です。
詳しくは「ペニス増大の外科的手術とは」のページでも紹介しています。

 

 

精力剤やサプリメントを服用する

日本人が全体的にペニスのサイズが小さい理由は、古来からの日本人特有の遺伝子の影響だけではなく、野菜と魚を中心にした食文化も影響があると言われています。

 

アジアの中でも日本人は勃起時の硬さがトップクラスと言われているのは和食文化も影響していると言われています。
近年では洋食を好む若者や子供が増加して、緩やかではありますが、日本人のペニスのサイズは増大傾向にあるとされています。

 

しかし、ペニスの小ささで悩んでいる方の多くは栄養が足りない事が理由になっています。欧米人や一部の地域で特段ペニスのサイズが大きいと言われているのは、子供から大人まで日常的に活力成分を接種しているからです。

 

サプリや精力剤で継続してペニスに必要な栄養素や血流促進成分を接種する事で、ペニスを後天的に大きくする事ができます。
詳しくは「ペニスの増大と精力剤」のページで紹介しています。

 

 

ペニスを鍛える

アフリカや南米などで一部の国や地域に限定してペニスの平均サイズが大きいのは、子供の頃からペニスを大きくする為に木に叩きつけるなど鍛えているからだと言われます。
実際にペニスを外部刺激する事を繰り返すと、ペニスが大きくなっていく可能性があります。
簡単なマッサージから、端正器具を使った調教など様々な方法があります。
ペニスを鍛えて大きくする事は可能ですが、未成年を中心に若者であれば継続的に鍛える事で効果が見込めますが、歳を取るほど鍛えるだけではサイズアップする事は難しくなります。
精力剤やサプリの服用と併用して取り組んだり、子供の頃から日常的にペニスを鍛えていけば大きくなる可能性が高くなります。

 

このようにペニスは後天的に大きくする事ができますし、様々な方法があります。
近年ではクリニックでの手術やサプリメントの品質が高く、値段も割安になってきているので、ペニスの小ささで悩んでいる人は諦めずに、大きくする為のチャレンジをしてみましょう。