ペニス増大器具は半年を目安に継続して利用すると1から4cm程度の増大効果を期待する事ができますが、注意点もあります。

MENU

ペニス増大器具の効果とリスク

ペニスは鍛えれば大きくなるって言いますが、実際にはどのような方法があるのでしょうか?

 

有名なのはマッサージですが、実際にそれだけでペニスを大きくする事は難しく、数年単位の年月が必要です。
そこでオススメしたいのが、ペニス増大器具を利用する事です。
専用器具でペニスを鍛えていく事で半年前後の期間で効果を実感するくらいペニスを大きくする事ができます。

 

 

ペニス増大器具って何?

いくつかの種類のペニス増大器具が出ていますが、基本的にはどれも埋没しているペニスを外に出すような力を加えるものです。
ペニス増大器具には大きく分けて「牽引タイプ」と「吸引タイプ」があります。
それぞれ、ペニスを引っ張る事によって、埋没していたペニスを露出させてサイズアップを図ります。

 

商品の特徴について簡単に紹介いたします。

 

牽引タイプ

ペニスを根元から引っ張った状態で固定する物が主流です。
そこまで強い圧力をかける必要はなく、適度に引っ張った状態で毎日数時間器具を付けて過ごします。
継続利用していく事で、少しずつ埋没しているペニスが引っ張り出されます。
継続利用すると、ペニスの長くなっていく事が期待できます。

 

吸入タイプ

吸入タイプはポンプタイプと称される事もあります。
名前の通り、ポンプで吸引してペニスを引っ張ります。
その方法は商品によって違い、

  • 手動や水に力を遣うタイプ
  • 電動タイプタイプ

などに分かれています。
一般的なタイプをペニスをまずは勃起させて、1日30分を目安にペニスに負荷をかけるトレーニングをします。
垂直に引っ張るだけではなく、全体を吸引するので長くなるだけではなく太く強いペニスへパワーアップする事が期待できます。

 

 

実際に効果はあるの?

使用する器具や利用頻度、体質によって変わってきますが、ほとんどの人が真面目に継続利用を続ければ少なからず若干の効果は期待できます。
実際にどれくらい大きくなるかについては1cm~最長4cm程度
平均的に半年~1年で2~3cmです。
しかし、効果が出る目安期間が長く、途中で挫折してしまう人も多いのが現状です。
筋トレなどの運動をはじめても、続かない人は端正器具はあまりオススメできません。

 

 

使い続ければ効果は継続するの?

ペニス増大器具は埋没しているペニスを引っ張り出す事が主な効果です。
埋没している部分に関しては限りがあるので、1年で2cm伸びても2年で更に2cm伸びる訳ではありません。
ある程度効果が出たら、その後の継続利用時の効率は下がります。ただし吸入タイプはペニス全体を刺激するので、太さや強度などは少しずつですが継続して鍛えられます。

 

 

ペニス増大器具のリスク

通院やサプリとは違い、ペニス増大器具は一度買ってしまえば、その後はほとんど追加費用はかかりません(吸入タイプのローション費用など一部例外あり)

 

興味を持つ方も多いですがペニス増大器具にはリスクもあります。
あらかじめ注意点やリスクをしっかり理解して利用検討をするようにしましょう。

 

 

故障リスクが多い

ペニス増大器具の値段は商品によってピンキリで2千円程度のものから4~5万円する物まであります。
高額商品であれば保証やアフターフォローがしっかりしている事もありますが、販売元が不明な海外製品では買ってすぐに壊れた。などの悪い口コミもあるようです。
高ければ良い商品とは言い切れませんが、ネットのレビューなどを調べえ商品選びは身長に行うようにしましょう。

 

 

怪我をする

極端な怪我をするケースは少ないですが、いきなり負荷をかけすぎたりすると、炎症を起こすケースもあります。
特に吸入式は水ぶくれを起こす事例が多く報告されています。
また器具が体質に合わず、痛くて毎日使う事ができなくて挫折する方も多いです。

 

 

根気強さが必要

ペニス増大器具はいわば、ペニス版の筋肉トレーニングみたいなものです。
肥満の方が1日だけジムに通った場合、筋肉痛になっても、目に見えて身体の変化はありません。
長い期間継続して鍛える事で、具体的な成果が出ます。
仕事や学業、遊びなどで多忙な方は、毎日同じ事を継続する事はハードルが高く、せっかくペニス増大器具を使っても、たまに使わない日があると効果実感まで時間がかかってしまいます。
ペニス増大に成功する人は、意思が強く今気強く利用していける根気強さが必要です。