ペニスの大きさと遺伝は密接な関係性がありますが、親が小さくても努力をすれば後天的に大きくなります。

MENU

ペニスの大きさと遺伝の関連性

日本人のペニスは一般的に小さめな傾向にあると言われていますが、
ペニスの大きさは遺伝によってすべて決まってしまうものなのでしょうか。

 

ペニスと遺伝の関係についてまとめてみました。

 

 

ペニスのと遺伝の関係性

ペニスの小さい方は、遺伝のせいにする方もします。
実際に父親が短小包茎だと息子も同じようなペニスになっている事も多いです。
しかし、ネットで見てみるとペニスと遺伝の関係性について、賛否両論の意見が出ているようです。
実際にペニスの大きさは遺伝によってどれだけ影響があるのかについて紹介します。

 

 

遺伝に絶対はない

 

ネット上ではペニスの大きさに遺伝の関係性は全くないと言われている所もあります。
これは全てが間違っている訳ではありませんが、決して正論とは呼べません。

 

「遺伝=100%」と思われている方がいますが、100%遺伝で物事が決まるのはほんの一部です。

 

例えば両親の血液型がA型でなおかつAA型と呼ばれるものであれば、子供でO型が生まれる可能性はゼロです。
しかし、両親が両方とも背が高かった場合、子供も必ず両親と同様に背が大きくなる訳ではありません。
同様に両親の背が小さくても、子供だけ長身になるケースもあります。
しかし、身長や体重、その他の能力は遺伝による影響もあると考えられています。
例えば両親の2人がプロスポーツ選手だった場合は、子供は高い確率で運動神経が高いです。しかし一部では運動が全くできない子供産まれるケースもあります。

 

親子

このように、血液型など成分判定などで結論が出ない物は、遺伝の影響はあっても必ずではありません。

 

ペニスの大きさも同様で、父親のペニスが小さい方の子供と、大きい方の子供の成人時のペニスのサイズを比較すれば、間違いなくペニスが大きい親を持つ人の方が全体的に大きい結果が出るでしょう。

 

しかし、一部では親が小さいのに子供は大きい。といった事例も出てきます。

 

 

体質は遺伝しやすい

ペニスは後天的に大きくできるのか」のページでも紹介していますが、ペニスの大きさは遺伝で決まる要素よりも、
後天的に決まる要素が大きいです。
しかし、同じ分だけ努力をすれば、みんなが同じだけ成果が出る訳ではありません。

 

それは体質による影響が大きいからです。

 

例えば、少し運動しただけで筋肉ムキムキになる筋肉質の人もいれば、食事量が人より少ないのに太ってしまう人もいます。

 

ペニスの大きさも同様です。
産まれた時の赤ちゃんの時は、みんなほとんど同じ大きさです。
しかしペニスが大きくなりやすい体質の人は、同じ食事や生活習慣を送っていてもペニスの大きさはどんどん大きくなっていきます。

 

栄養

その反面、ペニスが大きくなりにくい体質の人は、、通常の食事などによる栄養補給だけではペニスはあまり大きくなりません。

 

遺伝のせいでペニスが小さいと思っている人は、根本的にペニスが大きくならない遺伝子ではなくて、人よりもペニスに必要な栄養が届きにくい体質の可能性が大きいです。

 

 

物事には、センスだけで人よりも長けた才能を発揮する人もいれば、努力で成り上がっていく方もいます。ペニスも同じで、何も考えなくてもビッグサイズのペニスを手に入れられる人もいれば、体質は優れていなくても努力で大きなサイズへ成長させていく人もいます。

 

 

ペニスが大きくなりにくい体質とは?

ペニスが小さい要因は大きく分けて以下の2つが挙げられます。

  • ペニスに必要な血液や栄養素が分泌されない
  • 皮膚の下に埋没されている部分が多い

 

ペニスが大きい人は、陰茎まで血液と栄養素が充分に行き渡り成長をしていきます。
体質によっては、血液を作る骨髄やそれを浄化する腎臓から血液と栄養素がペニスに届く前に消化されたり血流が悪く、その結果ペニスの成長だけ鈍ってしまいます。
その結果、同じような食生活や生活習慣であっても、人よりもペニスが小さいという結果になってしまいます。

 

しかし諦めるのは早いです。

 

サイズアップ

ペニスの成長は若い頃に比べればハードルは高くなりますが、成人してからでも、
必要な栄養素と血液が行き渡ればサイズアップをする事は可能です。

 

身長の場合は、ある一定時期で成長が止まり、その後どれだけカルシウムなどの栄養補給をしても簡単に背は大きくなりませんが、
ペニスの場合は成長が止まる年齢はありません。
40代や50代の方であっても、ペニスの成長に必要な栄養と血液が行き渡ればサイズアップを期待する事ができます。

 

普通の食生活だけでは、なかなか大きくなりにくい体質の方では効果が出にくいですが、最近ではペニス増大を促すサプリメントなども多数開発されています。
詳しくは「ペニスの増大と精力剤」のページでも紹介しています。

 

また、ペニスが小さい人は必ずしも陰茎全体が小さい訳ではありません。

実は人並みのペニスのサイズを持っているのに、脂肪や皮膚の下に陰茎の根元が埋没している割合が大きくて、結果的に露出しているペニスが小さくなっている人もいます。

 

太っている方は、ダイエットをするだけでサイズアップになる場合もありますし、痩せていても体質的な遺伝が原因で埋没している部分が大きい方もいます。
こちらも同様に、埋没している部分を含めてペニスの血流がよくなると、表に出てくる部分が増えていくケースもありますし、手術で強引に埋没している部分を出してペニスを増大させる方法もあります。
詳しくは「ペニス増大の外科的手術とは」のページでも紹介しています。

 

 

まとめ

ペニスの大きさと遺伝の関係は、様々な意見もあるが、ペニスが成長しにくい体質へ遺伝する事がよくあります。
遺伝は100%ではなく、親が小さければ息子のペニスも小さくなる訳ではありません。
しかし小さくなる確率は大きいペニスを持っている親がいる方よりも高くなります。

 

ペニスの大きさ自体は、生まれてからの後天的な環境によって何歳になっても成長する事が可能です。
しかし短小など悩みを改善する努力をしても、効果の大きさには体質によって個人差が大きく出ます。

 

大きいペニスに成長させたいと努力をすれば、誰でもサイズアップの可能性はあります。
しかし体質によっては、医療治療や専用サプリメント、端正器具など周りの人よりも積極的な治療をしないと大きくなりにくいケースがあります。そのような場合、ペニスの増大効果が見込める精力剤を探してみるのも良いかもしれません。